Entry

Message

採用メッセージ

世界の価値観に触れ、
自分の可能性を広げてほしい

代表取締役 中尾 周平

芝浦工業大学システム工学部卒。
2003年株式会社J-Payment(現株式会社ROBOTPAYMENT)入社。
2004年株式会社インターネットペイメントサービス
(現株式会社ユニヴァ・ペイキャスト)入社、2010年同社取締役に就任し、2015年同社取締役社長に就任。
2018年4月同社代表取締役社長に就任。

「決済」×「共創」で
消費の未来を開拓する

我々は今まで「グローバル」という強みを持ちながら、消費体験の出口である「決済」という領域でサービスを提供してきました。
これからのユニヴァペイキャストは「決済」に留まらず「進化した消費体験」を提供していく会社になっていきます。

今、世の中の消費体験は大きく変わっています。
キャッシュレス化・ボーダレス化・バーチャル体験・ECサイトの一般化・店舗の役割の変化・デバイスの変化、、、
挙げればキリがありません。

その全てを、我々だけで出来るとは到底思っていません。
「進化した消費体験」を社会に提供するためには、様々な強みを持つパートナーとの「共創」が大事だと思っております。
そして共創をすることで、関わる全ての方に成果をもたらすと信じています。

そして我々の強みは「グローバル」です。
お客様の越境の取引を拡大させること、日本経済と世界に無限ハシゴをかけることが出来る。
それが我々の役割だと思っております。

グローバルな挑戦を
するということ

私は、メンバーに「広い視野を持つ」ことを求めています。
グローバルな事業に挑戦する上で、一番大事なことだと考えています。

日本の常識は世界では通用しなかったりしますよね。
アメリカ・ヨーロッパ・中国・東南アジアそれぞれで、驚くほど常識や価値観が異なります。
我々は日本と世界各地の経済を繋ぐ役割を担いますので、世界の多様な常識・価値観を理解する必要があるのです。

弊社は、様々な世界の価値観に触れることができる環境です。
そういう環境で広い視野を身に着けていくと、様々なアイディアや考え方が生まれ、ビジネスチャンスが広がっていき、
人としても成長していけると考えております。

グローバルな環境で挑戦したい方、広い視野・そして情熱を持って働きたい方、是非当社にご応募ください。

情熱は、
あたためたままじゃもったいない。

採用担当 横森 ・ 矢島

変化が激しく、
関わる人が多いからこそ、
意思を持って仕事をすることが大切

弊社がサービスを提供している領域は、決済・金融・EC・顧客管理システムなど多岐に渡り、且つ変化が激しいです。
またグローバルに事業を展開しているため、様々な国との連携も多く、社内のメンバーも多国籍です。
変化が激しく、関わる人が多いからこそ、意思を持って仕事をすることが大切な環境です。
大変な環境ではあるかと思いますが、主体的に行動したい・どんどん新しいことに挑戦していきたいという方には
ピッタリな環境だと思っております。

情熱の出せる環境

弊社の採用メッセージは「情熱は、あたためたままじゃもったいない。」というものを掲げています。
これは、持っている情熱をどんどん外に出していってほしいという意図が込められています。
会社として情熱を出して仕事ができる環境を整えています。
社内のコミュニケーションが活発化する仕組みや制度はもちろん、若手でも意見の言いやすい雰囲気、
営業や開発だけでなく管理部門なども様々なプロジェクトに参画するなどの環境があります。
秘めたる情熱をお持ちの方、是非弊社で発揮してみませんか?